2017年01月02日

ローテーション

ローテーションとは集団内で一人一人が先頭を交代しながら走ること。集団で走る場合は先頭交代は走行マナーともいうべきエチケット、ロードレースでは作法といえる。しかし、市民レーサーの場合、普段から個人練習中心で集団走行に慣れていない方は、集団内での正しい交代方法をご存じないケースもあると思う。

アティック.のようにチームに所属してしっかりとした走り方を身に付けていれば、いざレースに出ても困惑することはないと思うけれども、練習はいつも一人でまだレース経験も少ない場合は、スマートなローテーションはきっと難しいと思う。そこで、ここでは実践的なことも踏まえてローテーションの基本について書いてみよう。もしローテーションにまだ慣れていないという方は参考にしていただきたい。

ここでは個人参加の市民レースを前提に述べていきます。まず、集団の先頭交代では、その方法に大きくわけて2つの走り方があって、これはレース中の集団の位置とその大きさによります。

先頭交代は、選手の負担を均等にすることがまず大きな目的。集団走行では、集団の中に居ると体力が温存できるのはご存じのとおり。先頭走者は負担が大きく、サイクルスポーツでは、負担が掛かるならそれを平等に分け合うのが暗黙のルール。集団が大きければ、先頭交代後に前に出ても牽く必要はなく自分が先頭になったら横にラインを変えて2番手の選手にバトンタッチ。その繰り返しで集団はスピードを維持します。大きな集団の場合はこれが基本です。

もう一つの先頭交代は、大きな集団から逃げている小さな集団(あるいは数人のグループ)の場合。今度は最後まで逃げ切るためにも全員が積極的に牽かなければなりません。牽く時間は10秒から20秒くらいが理想的。10秒だと仮に時速45キロなら秒速12.5メートルだから距離は125m。20秒では250m。もちろん、逃げの人数や選手の体力差、あるいは各選手の積極性によっても牽く時間は変わるでしょう。プロレースを見ると3人とか人数が少なくても15秒くらいで変わっています。これは筋疲労が大きくならないよう交代時間を短くして早く回復させることを目的とした走り。もちろんもっと長い距離を牽けるけど牽く時間が長すぎると回復が遅くなり、スピードの低下にもつながるから特に勝負掛けている時などは牽く時間は短い。

市民レースに話を戻そう。特定のチームだけがローテーションを担うプロレースと違い、市民レースは集団が大きくても小さくても各人が先頭交代しながら走るのが基本。時折、ローテーションで先頭の近くまで上がってきた選手がラインを変えて先頭牽きを避けているケースを見掛けます。この選手がレースに成績を求めて参加しているのなら、これは絶対にやってはいけない行為。前に出て牽きたくないならレースではローテーションに入ってはいけない。ロードレースはきれいな走り方を心掛けたいものです。

さて、先ほどの小さな集団の逃げですが、ローテーションがうまく回らなければ、せっかくメイン集団から抜け出せたとしても、おそらくこの逃げはそのうち崩壊してしまい、結局は失敗に終わるでしょう。最初から逃げるほどの体力が伴っていないならいざしらず、せっかく逃げたのなら全員が持てる力を出し尽くし、協力しあいながら最後まで逃げ切って栄光を勝ち取りたいですね。
posted by attic at 00:00| 集団走行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする