2017年01月02日

ライン

レースではよくラインという言葉を耳にします。いわゆる、走行ライン。集団の中では密集度によって隣の選手との間隔も変わり、まわりを囲まれる集団走行に慣れていない場合は、集団が大きいほど間隔も狭まるので、ただまっすぐ走る直線路であっても最初はふら付かないかと緊張すると思う。そして、集団の中では自分が保持しなければならないラインがあって、レース中に、カーブでもよく「ラインキープ!」と声が掛かることがある。

例えば、集団でカーブを曲がっている最中に、隣の選手が走るラインのほうに膨らんでしまったとしよう。当然、その選手は接触を避けるためにさらに外側に膨らんでしまい、その選手は落車しなくとも連鎖反応で他の選手が巻き込まれ集団落車となる危険性も高くなる。そういう落車事故を未然に防ぐために叫んでいるのが、「ラインキープ!」。

ラインをキープするのはもちろんカーブに限ったことではなく、直線道路でもレースでは自分のラインを守るのが鉄則だ。初めてレースに参加する場合は、ふらついて隣と絡んで落車など引き起こさないように普段からまっすぐ走れるようトレーニングしておきたい。スタート直後にクリートをセットしようと下を向いたまま隣とぶつかって落車したケースもあったが(お隣はRDを破損しスタート直後にDNF!?)、レースに出る前の段階で、クリートは直接ペダルを見なくてもスムーズに嵌められるようにしておきたい。

さて、レース中、不幸にも落車が起こってしまった場合、市民レースではその多くの原因となっているのが斜行。斜行してしまう行為はいくつかあるが、横を向いて会話しながら隣の選手にぶつかって大きな落車になったケースもあると聞いている。集団内の会話には十分に注意したい。

自分が気付かずに落車の原因となる走り方をしているケースも多いようだ。レース中によく見かけるライン取り。集団のペースが上がり2列で走っているのにその真ん中にラインを取って走るのは実はとても危ない走り方。かなり多く目にする。前走者と同じラインで走行しているなら、仮に前走者の後輪タイヤと接触してもトレッド面が軽く触れる程度なら落車は起こらない。しかし、先ほどのライン取りでは、集団内のスピードが落ちて前走者の後輪に被さった時に、前走者がふらついたり何らかの理由で急に走行ラインを変えた場合はハンドルを取られてしまい、市民レースでは落車してしまう可能性が高いと思う。もし自分が回避できても他の落車を引き起こしてしまう可能性もあるから、こういうライン取りは最初から避けておきたい。

市民レースでは落車が起きた直後に、「なんで斜行するんだ!!」という怒声を聞く場面もあるけれども、斜行した選手にだけ落車の原因があるのではなく、このように、実は声を荒げている選手自身が自分も知らずにその原因を作り出していたというケースもあるかもしれない。レースでは前走者の真後ろが原則。ロードレースはちょっとしたことが事故の要因になったりするから集団内のライン取りには十分に注意したい。大きな集団の場合は隣の選手との間隔から必ずしも前走者の真後ろとは限らないが、高速で2列走行の場合は普段から気をつけておきたいものです。
posted by attic at 00:00| 走行スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする