2017年01月02日

先頭を牽き終えたら

先頭を交代しながら走る集団走行では、平地はスピードが上がれば上がるほど集団が縦に伸びて、時には一列棒状の状態になったりする。道内レースでは集団が大きい場合はまず見ることはないけれども、メイン集団から先行して小集団が出来ている場合はほとんどが一列棒状の状態だ。

この小集団は、メイン集団から意図的にアタックして出来上がった逃げなのか、もしくは上り坂で他のライダーとの走力の違いから飛び出す形となった先行グループなのかもしれないが、いずれにしても逃げに乗れたメンバー全員はできれば最後まで逃げ切りたいと思っているはず。そこで、体力は高くてもまだレース経験が浅いという方向けにこういうケースで注意すべきことを書いてみよう。レース以外でも、高速で集団走行する時のご参考に。>>more
posted by attic at 00:00| 集団走行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローテーション

ローテーションとは集団内で一人一人が先頭を交代しながら走ること。集団で走る場合は先頭交代は走行マナーともいうべきエチケット、ロードレースでは作法といえる。しかし、市民レーサーの場合、普段から個人練習中心で集団走行に慣れていない方は、集団内での正しい交代方法をご存じないケースもあると思う。

アティック.のようにチームに所属してしっかりとした走り方を身に付けていれば、いざレースに出ても困惑することはないと思うけれども、練習はいつも一人でまだレース経験も少ない場合は、スマートなローテーションはきっと難しいと思う。そこで、ここでは実践的なことも踏まえてローテーションの基本について書いてみよう。もしローテーションにまだ慣れていないという方は参考にしていただきたい。>>more
posted by attic at 00:00| 集団走行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする