2017年01月02日

ライン

レースではよくラインという言葉を耳にします。いわゆる、走行ライン。集団の中では密集度によって隣の選手との間隔も変わり、まわりを囲まれる集団走行に慣れていない場合は、集団が大きいほど間隔も狭まるので、ただまっすぐ走る直線路であっても最初はふら付かないかと緊張すると思う。そして、集団の中では自分が保持しなければならないラインがあって、レース中に、カーブでもよく「ラインキープ!」と声が掛かることがある。>>more
posted by attic at 00:00| 走行スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先頭交代の仕方

市民レースでは、先頭のスピードが落ちているのに次に先頭を牽くべき2番目の選手が前に出ないケースを目にすることが多い。牽きたくないのか、あるいは自分の番だと気付かないのかもしれないが、いずれにしても集団のスピードが下がってしまう困った状態だ。結果的に集団のスピードが上がったり下がったりと不安定な状態になるが、高速走行でスピード差が激しい場合はこれも落車を誘発させる原因の一つ。>>more
posted by attic at 00:00| 走行スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする